部会案内

ナノ学会では、会員の皆様の専門分野における交流の場として、下記の部会活動を行っております。

  • ナノ構造・物性部会
  • ナノ機能・応用部会
  • ナノバイオ・メディシン部会
   各部会詳細はこちら

※会員の皆様には、いずれかの部会へご所属いただいておりますが、まだ部会のご登録をされていない方は、
 ナノ学会事務局まで、下記フォームにて所属希望部会をご連絡ください。

  Word / PDF  (E-mailまたはFAXにてご提出ください。)

部会研究会・シンポジウムご案内

ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム


会 期 平成30年11月19日(月) 13時 ~ 11月20日(火) 17時
会 場 金沢勤労者プラザ
アクセス(PDF) JR金沢駅 徒歩10分
主催 ナノ学会 構造・物性部会 / ナノ学会 機能・応用部会
内 容 本シンポジウムは、数学、物理学、化学、生物学、各分野の第一線で活躍
されている若手研究者を一堂に会して、講演および活発な意見交換を行い、
新たな学際研究の芽を育む場とすることを目的に企画した。
詳 細 こちら(PDF)よりご確認ください
連絡先 〒464-8603  名古屋市千種区不老町
名古屋大学工学研究科エネルギー理工学専攻
尾上 順(ナノ機能・応用部会 部会長)
TEL&FAX:052-789-3784
E-mail:j-onoe@energy.nagoya-u.ac.jp
      

過去の部会研究会・シンポジウム

11th International Symposium on Nanomedicine(11th ISNM)


会 期 平成29年12月13日(水)~12月15日(金)
会 場 東北大学医学部(星陵キャンパス)・星陵オーディトリアム
主催 ナノバイオ・メディシン部会
      

ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム




クリックすると拡大します
 


集合写真
クリックすると拡大します
 
会 期 平成29年11月26日(日)13時~11月27日(月)17時
会 場 セレクトロイヤル八代
九州新幹線 新八代駅から車10分、JR八代駅から徒歩10分
主催 ナノ学会 構造・物性部会 / ナノ学会 機能・応用部会
内 容 本シンポジウムは、物理学、化学、生物学、材料工学など各分野の第一線
で活躍されている研究者を一堂に会して、各分野におけるホットトピック
スの講演および活発な意見交換を行い、新たな学際研究の芽を育む場とす
ることを目的に企画した。
詳 細 こちら(PDF)よりご確認ください
連絡先 〒808-0196
九州工業大学 生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
       田中 啓文(ナノ構造・物性副部会長)
       TEL&FAX:093-695-6157
       E-mail:tanaka@brain.kyutech.ac.jp
      

ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム




集合写真
(クリックすると拡大します)
 
会 期 平成28年12月26日(月)13時~12月27日(火)17時
会 場 グランドパレス川端 (http://www.e-gpk.co.jp/gp-kawabata/
※秋田新幹線「大曲駅」から徒歩15分、タクシー5分
主催 ナノ学会 構造・物性部会 / ナノ学会 機能・応用部会
内 容 本シンポジウムは、数学、物理学、化学、生物学、各分野の第一線で活躍されている若手研究者を一堂に会して、講演および活発な意見交換を行い、新たな学際研究の芽を育む場とすることを目的に企画した。
連絡先 名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻 尾上 順
〒464-8603 名古屋市千種区不老町 工学部9号館 415号室
TEL & FAX: 052-789-3784 E-mail: j-onoe@nucl.nagoya-u.ac.jp
      

ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム


本シンポジウムは、寺嵜 亨部会長(ナノ構造・物性部会)、寺西利治部会長(ナノ機能・応用部会)のもと、盛会裡に終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました。



風景写真
(クリックすると拡大します)



集合写真
(クリックすると拡大します)
 
テーマ 「若い力が切り拓くナノサイエンス・テクノロジー」
概 要  この度、「ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム」が開催の運びとなりました。ナノ物質の基礎研究、応用研究に携わる気鋭の若手・中堅研究者に、最新の研究成果をそれぞれの熱意とともにご発表いただく企画です。ナノサイエンス・テクノロジーに今後どのような新しい展開の道筋があるのか、熱い討論が交わされることを期待しています。
 なお、16件の招待講演に加え、一般講演を受け付けますので、奮ってご応募ください。また、会員・非会員を問わずご来場になれますので、お誘いあわせの上ご参加いただけますよう、お待ち申し上げます。
                     ナノ構造・物性部会長 寺嵜 亨
                     ナノ機能・応用部会長 寺西 利治
会 期 11月27日(金)13:00 ~ 28日(土)15:45
会 場 九州大学・西新プラザ( http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/ )
地下鉄空港線・西新駅下車 徒歩10分
懇親会 11月27日(金)18:15より、会場近くの和食店にて
プログラム こちら(PDF)よりご確認ください
その他 【一般講演の募集】
招待講演に加えて、ナノ学会会員から一般講演を募集いたします。講演時間は質疑を含めて20分、講演数は5~6件を予定しています。発表をご希望の方は、10月30日(金)までに、講演タイトルを添えて寺嵜(terasaki@chem.kyushu-univ.jp)宛てにご連絡ください。

【参加費、参加登録】
参加者数の把握のため、シンポジウムと懇親会のそれぞれについて参加登録をお願いします。なお、非会員の方もご参加になれます。
*シンポジウム
  参加費:無料
  参加登録:11月19日(木)まで
*懇親会
  会費:5~6千円を予定
  参加登録:11月12日(木)まで
参加登録は、寺嵜(terasaki@chem.kyushu-univ.jp)宛てにご一報ください。
連絡先 寺嵜 亨
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学 大学院理学研究院 化学部門
電話:092-802-4119
電子メール:terasaki@chem.kyushu-univ.jp

多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます!

第8回ナノメディシン国際シンポジウム

会 期 2014年12月4日(木)~6日(土)
会 場 愛媛大学南加記念ホール
内 容  この国際シンポジウムは、参加者相互の勉強と人的ネットワーク形成を目的とし
て開催しているもので、年1回確実に開催できるよう、外部資金をあてにせず、
参加者の参加登録費で運営しております。そのため、国内からの講演者からは、
科学研究費や公的資金から支給されない方などを除いて、全員から参加登録費を
いただいております。
 このような事情をご理解いただきポスター講演に応募くださいますようお願いいたします。会議の詳細はCall for Paperを参照してください。
その他 ・ポスターに応募いただける方は、事務局まで申し出てください。同時に会議への出席(松山滞在の)御予定を事務局までお知らせください。なお、ホテルはご自身でご手配ください。             
・5日の懇親会(一般5,000円、学生2,000円)への参加の可否を事務局までご連絡ください。
講演要旨を作成いただき、11月1日(土)までに事務局の宇野秀隆までメール(hideuno@nanobio.nagoya-u.ac.jp)にてお送り下さい。
連絡先 ■事務局連絡先
 浦部陽子: y.urabe@nanobio.nagoya-u.ac.jp
■開催委員長
 杉浦美羽(愛媛大学、准教授)
 Tel: 089-927-9616 Email: miwa.sugiura@ehime-u.ac.jp
■日本ナノメデイシン交流協会会長
 宇理須恒雄
 Tel: 052-747-6743  Email: t.urisu@nanobio.nagoya-u.ac.jp

<参加者の皆さまへ>
詳細ご案内(Time Table
・ご不明点等ございましたら、お問い合わせください。多数のご参加をお待ち申し上げます。

ナノバイオ・メディシン部会 研究会

本研究会は、宇理須恒雄副部会長(名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター)のもと、盛会裡に終了いたしました。たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。

会 期 2014年9月27日(1日)
会 場 岡崎コンファレンスセンター
主 催 ナノ学会ナノバイオメディシン部会
共 催 分子科学研究所、新学術領域 ナノメデイシン分子科学
内 容  細胞核内反応については、ここ20数年分子生物学の分野で詳細な研究が進められてきた。最近では、たんぱく質をコードしていないRNA(noncoding RNA)が宇宙のダークマーターになぞられて、ゲノミックダークマータとして盛んに研究が進められている。これらの研究は、研究が活発化しているナノメデイシン(ナノ科学と医学・医療の融合領域)分野においても、難病とされている多くの疾患に関連しているとして、注目され始めている。
 ナノ学会のナノバイオメデイシン部会、新学術領域ナノメデイシン分子科学および化学会の核酸化学などにおいて関連する研究成果の発表がなされ始めている。 特にイメージング、NMRによるたんぱく質の構造解析、網羅的な遺伝子配列解析,計算機シミュレーションなどにおいて、細胞核内反応の先端的研究が進行しつつある。すなわち、分子生物学と分子科学の新しい境界領域が新たに開かれ始めているといえる。
 このような状況下でナノバイオおよびナノメデイシンに興味を持つ研究者の間で、
1. イメージング、NMR, 合成化学、高分子化学、ナノテクノロジー、計算機シミュレーションなどそれぞれの分野で活躍しているナノバイオ・ナノメデイシン研究者が集まり、お互いの研究の発表と討論を通して、視野を広げるとともに、共同研究などによる、より強力な研究推進の機会を作る。
2. 分子生物学や医学の分野の優れた関連研究者を招聘し、講演を御願いし、討論と学習の機会を作る。
ことを主たる目的として、研究会を開催する。

<参加者の皆さまへ>
詳細ご案内(プログラム、アクセス)
・ご不明点等ございましたら、お問い合わせください。多数のご参加をお待ち申し上げます。

ナノ機能・応用部会 第1回研究会

本研究会は、寺西利治部会長(京都大学化学研究所)のもと、盛会裡に終了いたしました。たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。

会 期 2014 年1 月28 日(火)13:30~17:00
会 場 京都大学宇治キャンパス総合研究実験棟講義室2(CB-215)
共 催 ナノ学会
内 容 ナノ物質の構造解析・操作・特異機能発現において、「光」は万能性をもっている。
ナノ機能・応用部会第1回研究会では、「光が関わるナノサイエンス」をテーマに、光触媒からナノ物質の光物性・光計測まで、幅広い光ナノサイエンスについて議論する。

<参加者の皆さまへ>
詳細ご案内(プログラム、アクセス)
・ご不明点等ございましたら、お問い合わせください。多数のご参加をお待ち申し上げます。

ナノバイオ・メディシン部会 第5回シンポジウム

本研究会は、宇理須恒雄副部会長(名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター)のもと、盛会裡に終了いたしました。たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。

会 期 2012年3月15日(木)~3月17日(土)
会 場 名古屋大学ESホール(愛知県)
共 催 ナノ学会、名古屋大学、新学術領域ナノメデイシン分子科学、日本ナノメデイシン交流協
内 容 ガン、アルツハイマー、エピゲノム、ncRNA、イメージング、マイクロ流路応用、
ナノバイオ、関連のコンピューターシミュレーションなど。
発表されない場合も勉強の目的で是非とも聴講参加ください。

<参加者の皆さまへ>
詳細なご案内 /プログラム / アクセス
・ご不明点等ございましたら、お問い合わせください。
・参加申込・演題申込は締め切りました。多数のお申し込みをありがとうございました。

ナノ構造・物性 第4回研究会

本研究会は、林真至部会長(神戸大学大学院工学研究科)のもと、盛会裡に終了いたしました。たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。
昨年度に引き続き、「ナノ構造・物性」第4回研究会を、神戸大学ナノエンジニアリングチームとの共催で下記の通り開催致します。ご興味のある方はどなたでもご参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。

日  時 平成24年1月20日(金)、21日(土)
場  所 神戸大学 アカデミア館 501号室(神戸大学正門横)
参加費 無料(懇親会は5,000円を徴収いたします)
主  催 神戸大学 ナノエンジニアリング重点研究チーム
共  催 ナノ学会「ナノ構造・物性」部会

<参加者の皆さまへ>
詳細なご案内/プログラム / アクセス
・ご不明点等ございましたら、お問い合わせください。
・参加申込・演題申込は締め切りました。多数のお申し込みをありがとうございました。

お問い合わせ先

ナノ学会事務局 〒612-8082
京都市伏見区両替町2-348-302 アカデミック・スクエア(株) 内
TEL:075-468-8772 FAX:075-468-8773
E-MAIL:snst[at]ac-square.co.jp

※[at]を@に変更してください。