会長挨拶

佃 達哉
(東京大学大学院理学系研究科化学専攻)

 ナノ学会の会長を拝命するにあたり、会員ならびに賛助会員の皆様にご挨拶申し上げます。

 ナノサイエンスは、原子や分子のナノスケールの集団が示す特異な現象や新しい機能を対象とした学問領域です。「大きさ」をキーワードとして極めて広範な対象を取り扱うユニークな学問領域であり、数多くの既存の学問領域と密接なつながりをもっています。また、ナノサイエンスを基盤としたナノテクノロジーは、さまざまな新規材料の開発やバイオ・医療・情報分野への応用展開のために欠かすことのできない基幹技術です。昨今の環境・エネルギー・資源に関する人類共通の課題を解決し、持続可能な社会を実現するためのキーテクノロジーと言えます。
      
 ナノ学会は、1997年に発足した「超微粒子とクラスタ―」懇談会を受け継ぐ形で、ナノ科学技術の全般を網羅する学会として2003年に設立されました。この間、歴代の会長(仁科先生、茅先生、川添先生、曽根先生)のもとで学会としての基盤が整備され、現在活発な学会活動を繰り広げております。ナノ学会は、「ナノ構造・物性」、「ナノ機能・応用」、「ナノバイオ・メディシン」の3つの部会で構成されており、シンポジウムなどの企画を通して専門的な知識の習得や情報の交換のための場を会員に提供しています。毎年一回開催されるナノ学会大会では、最先端のナノ科学技術の研究成果を持ち寄り、企業展示とともに、より分野・産学横断的な人材交流や情報交換の機会を提供しています。特にこの大会は、ナノ科学技術分野のフロントランナーの講演に触発されることで、新しい発想や着想が生まれる可能性に満ちています。その他にも、学会誌「Bulletin of the Nano Science and Technology」の発行や、若手研究者を後押しするための顕彰活動を行っています。

 ナノ学会が、これまで通りナノ科学技術の深化と発展を先導する役割を果たし、新鮮で魅力的な交流の場となるように、副会長や理事の皆様と努力してまいります。皆様のご支援・ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申しあげます。

2016年8月1日
ナノ学会会長  佃 達哉